BUSINESS 事業について知る

運ぶ
JOB
展開する
調達する
つくる
運ぶ
活用する
支える
TOP > Business 運ぶ

パイプライン技術

パイプライン技術とは?

都市ガスがお客さまのもとまで常に送られ続けるのは、6万kmにおよぶパイプライン(導管)を通じてガスを供給しているからです。「パイプライン技術」はそんなインフラ事業の要とも言える導管とその関連施設の建設・維持・運用を担います。ガス導管の技術は、ガス事業者・建設会社のみ有する極めて専門性の高い技術です。その技術を習得し、業務の計画から遂行、さらにその技術的な評価まで行います。ガス導管の設計における高いエンジニアリング力のみならず、工事を行う上では建設会社や他ライフライン企業、行政担当者と協議を行うため、関係者との折衝能力も求められます。

パイプライン(導管)エンジニアリング

パイプライン技術者は、配管の強度計算や他の構造物と干渉しないルート選定、安全にガス工事ができる工法の検討を行います。ガスを大量に輸送する高圧導管から家庭用のお客さまにお届けする低圧導管まで、全てのパイプラインは東京ガスのエンジニアによって設計されています。また設計図に基づき、工事の予算を積算するのも東京ガスの重要な業務です。安全かつ安価にお客さまにガスをお届けするため、最適なパイプラインをデザインする仕事です。

強度や柔軟性に優れた高圧導管

強度や柔軟性に優れた高圧導管

パイプライン関連設備の設計

ガスの供給はパイプラインだけでは行えません。LNG基地から送出される高圧のガスからご家庭のお客さまがご利用する圧力へと段階的にガスを整圧しながら供給されています。この整圧設備は都市ガス供給に欠かせない大変重要な設備で、大規模なものになると、ひとつの工場のような大きさになります。東京ガスの技術者は、その地域の需要を賄うための送出能力の検討、その能力に応じた機器の選定、維持管理しやすい配管形状などを考慮しながら設計を行います。

カ?ハ?ナステーション(整圧設備)

ガバナステーション(整圧設備)

ガス設備・材料・工法に関する技術開発

ガス設備や材料、工事方法などは第三者が独自に開発してくれるものではありません。ガス設備・工事に関する技術は極めて専門的で、都市ガス事業者が主体的に開発を行っています。ガス工事の現場における課題を的確にとらえ解決するために、メーカーや工事会社などのパートナー企業とともに、日々新しい技術の開発に取り組みます。
新技術の仕様を作成し、試作品の技術的な評価を実施、時には自身で実験を重ね、現場の業務をより高度化・最適化するための製品・工法を開発します。

3次元振動試験装置

パイプラインメンテナンス

パイプライン
メンテナンスとは?

都市ガスはガス導管を通じてお客さまのもとまで送られますが、言い換えればガス導管がなければ、都市ガス事業はなりたちません。当社のパイプライン(導管)はLNG基地から主に道路下を通じお客さまのもとに至るまで、全て繋げると地球一周半もの長さがあり、パイプラインメンテナンス・保安の仕事は、そのガス導管の維持管理を担う、まさにガス事業の中核を成す仕事です。車両を運転し、ガス工事の現場や関係する設備(ガスの整圧設備)に行き自ら手を動かし、技術を身に付けるのはもちろん、工事発注先の協力企業さまや行政・お客さま等と入念な調整を行い折衝能力を身に付け、導管分野のエキスパートとして、都市ガスの安全・安心な供給を支えます。

パイプライン施設工事等の施工管理

ガス工事の施工そのものは、東京ガス社員ではなくエネトラストと呼ばれる協力会社が実施します。東京ガスの社員はその工程管理や工事方法の技術的なチェック、ガス以外に道路に設備を埋設している他企業(水道、下水、通信など)との調整業務を行います。ガスの工事は東京ガスが計画的に古いパイプラインを取り替えるものもありますが、新しいお客さまへガスを期日までにお届けする工事も多く、工事の工程管理はお客さまの暮らしを豊かにするためにも非常に重要なミッションです。限られた工期の中で、安全にガスの工事を行うためには多くの専門知識や他企業・道路管理者との高い交渉力、何より強い責任感が求められます。

ガス供給圧力操作、設備点検・維持管理

都市ガスはLNG基地から送出される高圧からご家庭のお客さまがご利用される低圧まで、段階的に圧力を調整しながら供給されており、圧力を調整する整圧設備は供給区域内で4000以上存在します。その一つでも機能しなくなると、周辺のお客さまへのガス供給が断たれかねない非常に重要な設備です。東京ガスの社員は、ガス工事の際一時的に圧力を下げるため、お客さまの供給に支障が出ないか圧力解析を行うとともに整圧設備を自身の手で操作します。また正常に設備が動作しているか日常的に点検を実施、設備の異変にいち早く気付くことの出来る専門知識を身に付けていき、都市ガスの安定供給を支えるプロとして業務に当たります。

緊急保安

緊急保安とは?

「ガスライト24」のメンバーとして、ガス導管やお客さまのガス設備におけるガス漏れ通報を受け、緊急車を運転し、状況によりサイレンを鳴らしながら現場に急行、ガス漏れ停止・修理といった保安措置を行います。都市ガスの保安を守る最後の砦となるのが緊急保安の社員です。都市ガス関連設備に関する知識・機能を身に付けるのはもちろん、一刻を争う現場においてスピーディで的確な現状把握、的確な処置が判断できる経験を積んで、まさに現場のエキスパートとして活躍します。都市ガスによる事故をゼロに、を合言葉に日夜緊張感をもって業務に取り組みます。

パイプライン〜建物内までのガス漏れ対応

お客さまや協力企業の方からのガス漏れ通報を元に、ガスライト24の社員は現場に急行します。サイレンを鳴らし走る緊急車の中では、現場到着後すぐにガス漏れ対応に当れるように、助手席に座る社員により通報内容の確認、携帯PC端末による周囲のガス設備の確認が行われます。それらの事前情報から、これまでの経験から培った高いスキルに基づき現場の状況を想像します。現場到着後はすぐにガスによる火災・爆発を防ぐための保安措置を実施、ガスを一旦遮断した後にガス漏れの箇所を速やかに修理します。工事を担当する協力企業の到着を待たずして、自ら道路の掘削・ガス管の修理を行うこともあり、都市ガス保安の最後の砦として業務を行います。

緊急保安業務に関する出動指示を行う保安指令センター

出動指示を行う保安指令センター

24時間365日活動する緊急車輌

24時間365日活動する緊急車両

ガス漏れを伴うガス機器不具合の応急措置

ガスライト24の社員が修理するのは、ガス管だけではありません。お客さまのコンロや湯沸かし器がガス漏れ箇所だと判明すると、機器からガスが漏れないようにするため応急措置を行わなくてはなりません。パイプラインの知識だけではなく、ガス機器の知識も必要になります。どこから漏れることが多いのか、不具合が起こると不完全燃焼や機器内部での小規模な爆発に繋がることはないか、様々なケースを想定しながらガス漏れを止める措置を行います。お客さまに安心してガスをご利用いただくため、ガスライト24の社員は昼夜を分かたず緊張感と責任感・使命感を抱き業務にあたります。

緊急車両に乗って現場へ急行

ガス漏れの確認