COMPANY 企業について知る 人材育成・働き方サポート

TOP > COMPANY 人材育成・働き方サポート

人材育成の考え方

人の育成は「仕事を通じて成長する」ということ

わたしたちの育成の基本は「人は仕事を通じて成長する」ということです。また、わたしたちは、個人の能力は、会社から与えられる研修制度によって開花するのではなく、あくまでも本人の自発的な成長意欲が原動力になると考えています。そのため、育成ではまずOJT※1を基本として、それを補完するためのツールとしてOFF-JT※2を用います。そこに本人による自己啓発を加えて、三位一体による、より理想的な能力開発を目指しています。

※1 OJT…On the Job Trainingの略で仕事中、仕事遂行を通じて、トレーニング・教育を行うこと。

※2 OFF-JT…Off the Job Trainingの略で、職場環境から離れたところでトレーニング・教育を行うこと。

人材育成の考え方

人材育成のイメージ

東京ガスの人材育成プログラムは、社員の「ベース・共通能力を広げる」という観点と、「専門能力を高める」という観点から、「ビジネスパーソンとしてのベース・共通能力の育成」と「幅広い専門能力の育成」の二本立てで構成されています。

これらの能力育成を連動させ、能力を高め、広げて行く中で、東京ガスが求める「自らが考え、人を巻き込んで行動できる人材」「事業環境の変化に柔軟に対応できる人材」を育成し、「一人ひとりの成長による生産性の向上」と「東京ガスグループにおけるリーダーシップの発揮」の実現を目指していきます。

人材育成のイメージ

個人の成長を実現するための人事施策

「仕事のプロ」として成長するためには、本人の成長意欲に加え、本人の適性を見いだすこと、適所に配置し、能力を最大限に発揮させること、適切な育成機会の提供と継続的な評価をし、仕事に対するモチベーションを高めることなどが重要です。そのために、わたしたちは右のような施策を行っています。

適正な配置とローテーション
適切な育成機会の提供と、継続的な評価を行うために、配置、ローテーション(人事異動)、育成、評価などの仕組みを整えています。その運用を通じて「仕事のプロ」への成長を促し、さらには幅広い視野を持つビジネスのプロへの育成と人間的な成長を図っています。
目標管理の徹底
本人と上司の合意による、具体的な目標設定(面接)を、毎年行います。また、半年ごとに、業績の確認を行います。目標達成に対する責任を持つとともに、上司による公正な評価を実現させます。

働き方サポート

東京ガスでは、社員一人ひとりが最大限に力を発揮できる組織を実現するため、多様な働き方の整備と、多様な人材の活躍を推進しており、働きやすい職場環境づくりに努めています。くわしくはこちらをご覧下さい。

くるみん

東京ガスは、次世代育成支援対策推進法に基づき、積極的に子育てを支援している企業として厚生労働大臣から認定(くるみん認定)されています。

なでしこ銘柄2017

東京ガスは、女性が働き続けるための環境整備を含め、女性人材の活用を積極的に進めている企業として経済産業省および東京証券取引所より選定されています。