COMPANY 企業について知る チャレンジ2020ビジョン

TOP > COMPANY チャレンジ2020ビジョン

東京ガスの「ビジョン」を知る

2011年11月、「豊かで潤いのある生活」「競争力ある国内産業」「環境に優しい安心できる社会」の実現に貢献するとともに、グループの持続的な成長を図っていくため、2020年に至るグループ経営ビジョン「チャレンジ2020ビジョン(以下、ビジョン)」を発表しました。
東京ガスグループの事業構造・事業基盤を発展・拡大することにより、LNGバリューチェーンの「バリュー」を一層高め、お客さま、株主に還元するとともに、広く社会に貢献していくことを目指しています。

事業基盤の発展

中核である都市ガス事業の深化に加え、電力事業、エンジニアリング事業など、第二、第三の柱となる事業を確立し、「総合エネルギー企業グループ」の実現を目指していきます。

事業構造の拡大

首都圏をベースとしつつ、日本全国、さらには海外に事業を展開し、「グローバル企業グループ」の実現を目指していきます。

LNGバリューチェーンの高度化に向けてのアクションプラン

「LNGバリューチェーンの高度化」に向けた5つのアクションプラン
「チャレンジ2020ビジョン」についてもっと知りたい人はこちら

現在の取り組み

2015〜2017年度の3年間は「ビジョン」達成の道筋をつくりあげる3年間と位置づけており、「総合エネルギー事業の進化」「グローバル展開の加速」「新たなグループフォーメーションの構築」の3つの主要施策を実行しています。

総合エネルギー事業の進化

都市ガス事業だけではなく、電力事業、海外事業、エンジニアリング事業、リキッドガス事業、不動産事業など、複数の事業の柱からなる八ヶ岳型経営へと事業構造を変革

これまでの事業基盤・ノウハウやお客さまとの信頼関係を活かし、東京ガスグループ一体となって総合エネルギー事業を展開。

グローバル展開の加速

首都圏をベースとしつつ、日本全国、さらには海外へと事業基盤を拡大

これまで国内外で培ってきた経験やノウハウを活かし、天然ガス需要の持続的な増加が見込まれる東南アジアと北米を中心に新規案件の発掘。

新たなグループフォーメーションの構築

「総合エネルギー企業グループ」「グローバル企業グループ」を実現するための体制・システムを構築
ビジョン実現に向けて、以下をはじめとした企業と共に、東京ガスグループ一体となった取り組みが進んでいます。

エンジニアリング事業

東京ガスエンジニアリングソリューションズ

リキッドガス事業

東京ガスリキッドホールディングス

不動産事業

東京ガス不動産ホールディングス
(2017年4月〜)

東京ガスのビジョンについてもっと知りたい人はこちら

LNGバリューチェーンとは?

LNGの調達から輸送、都市ガスの製造、
供給、エネルギーソリューションの提供と続く一連の事業活動を、
東京ガスグループの力を結集して行うことにより、
付加価値の高いエネルギーやサービスが提供できます。
これを「LNGバリューチェーン」と表現しています。

展開する
調達する
つくる
運ぶ
活用する
支える