company_logo company_logo

TOP > Enjoy Work & Enjoy Life2 (Kaori Koya)

誰よりも強い思いを持つ。誰よりも行動する。そして思いが形になる 誰よりも強い思いを持つ。誰よりも行動する。そして思いが形になる

小屋 かをり

事業革新プロジェクト部
事業計画グループ
チームリーダー

1997年入社
※取材当時

入社後のキャリア 入社後のキャリア

技術面の営業支援に始まり、ゼネコンへの営業、外食企業に対するガス化営業、各種プロモーション業務、一般家庭向けの商品販売戦略・戦術策定などの業務を歴任。現在は、電力自由化による電力小売事業の戦略・戦術策定に取り組む。

CareerTopics CareerTopics

入社4年目、商業施設を対象物件としたゼネコンを担当していたとき、ある商業施設の店舗に直接営業したことをきっかけに大手外食産業の社長にトップアプローチ、大型取引をいただく。思いを形にする事、トップアプローチの仕方、人や組織の動かし方等多くの事を学んだ。

オフタイムの過ごし方 オフタイムの過ごし方

旅行が好きで、国内はもちろん海外へも毎年欠かさず出かける。マチュピチュなどの世界遺産巡りがお気に入り。自宅に同僚や後輩を招いて手料理を振る舞う女子会も恒例行事。ガスで作る料理はやっぱりおいしい。

「ガスならではの豊かな暮らし」を広く発信

私のキャリアの中で、一つの大きな節目となった仕事が「SUMIKA Project」の企画・運営でした。これは著名な建築家が提案する新たなコンセプト住宅3棟と見学パビリオンを建設し、建築関係者をはじめ多くの方々に「ガスならではの豊かな暮らし」に対する理解を深めていただくことを目指したもの。もともと個人的に温めていた企画でしたが、業務でお会いした著名な建築家の先生に共感いただき、会社に提案して実現させたものでした。自分の所属部所のミッションとは毛色が異なるプロジェクトでしたから何かと苦労も伴いましたが、最終的には1万人以上の方が見学に訪れ、有名建築雑誌が臨時増刊号で特集するなど、大きなプロモーション効果を得ることができました。また、一つのプロジェクトの立ち上げと推進、見学企画・運営、プロモーションの一切を経験できたという点でも、その後の私の仕事人生にとって大きな糧とすることができました。

気づいたら「やりたい仕事」は自然にそばにあるようになる

「これがやりたい」という社員の熱意は受け止めてくれる会社ですから、今日までやりたいことの多くを実現してくることができました。もちろん、単に口にするだけではだめ。自分で汗を流し、社内外を問わず周囲を巻き込んで推進していく気概は絶対に必要です。また、やることをすべての人に理解してもらえるなんてことはあり得ませんから、私は社内的な評価を軸に物事を考えないようにしています。むしろ、外部の方、世の中(お客さま)から評価されることが、私の行動の軸でありモチベーションですね。そういえば「次への布石」、みたいな考え方もしません。現在であれば「電力小売事業の立ち上げ」というように、1、2年くらいのスパンでその時その時の仕事をやり切ることに集中しています。でも不思議なもので、若いころは「やりたいこと、やるべきこと」を自ら一生懸命開拓していましたが、実績を重ねるにつれ、気づいたらやりたい仕事が自然と近くにある。そんな気がしています。