東京ガスの電力事業の利益最大化を目指し、見えない未来を予測し、最適なIT戦略を構築

プロフェッショナル職 事務(総務・経理等)
JOB:職種・仕事を知る
TOP > JOB:職種・仕事を知る > 松本 敏幸
ES本部 総合エネルギー事業部 電力取引グループ 松本 敏幸 2003年入社 理工学研究科 電気専攻
就職活動をはじめるに際して、社会への貢献をより実感できる会社で働きたいと考えていました。そのような思いで就職活動を行う中で東京ガスに出会い、快適な暮らしづくりや環境に優しい都市づくりという理念を掲げて、東京圏で生活される方々の生活基盤であるエネルギーの安定供給を行っている東京ガスに高い社会貢献性を感じ、ここで働きたいと感じました。また、同時に就職活動の中でお会いした東京ガス社員の皆さまがいきいきと働いている姿を見て、一緒に働きたいと好印象を抱いたのももう一つの理由です。

キャリア

2003年 情報通信部 GIS技術グループ 2013年 IT活用推進部 IT戦略グループ
2007年 人事部 人材開発室(2008年入社の採用活動を兼務) 2014年 ES本部 総合エネルギー事業部 電力取引グループ
(2015年 電力事業計画部 電力取引グループに名称変更)
2007年 ティージー情報ネットワーク 出向

電力自由化がもたらす
チャンスとリスクを先読みする

東京ガスの電力事業計画部は、当社の電力事業を担うセクションです。その中で、私が所属する『電力取引グループ』は卸電力市場での電力売買や、保有する発電所等から調達する電気を相対卸先に販売する業務を行っております。その中で私のグループは『当社の電力事業の利益最大化を目指し、ポートフォリオリスク管理や資産運用最適化を行いながら、電力取引を行い電力事業を拡大していくこと』をミッションにしています。もう少しわかりやすく説明すると、2016年、日本でも欧米のような『電力の全面自由化』が始まり、一般消費者もこれまでのように決められた電力会社から電気を購入するのではなく、自由に電力会社を選び、電気を購入できるようになりました。この電力自由化は我々の様な新規参入事業者にとって魅力的なビジネスチャンスでありますので、そこには既存電力会社や他の新規参入事業者との激しい競争が生まれています。総合エネルギー企業を目指す当社にとって、電力自由化は大きなチャンスであると同時に、ライバルに先を越されてしまうかもしれないというリスクにさらされることでもあるのです。我々のグループはこの時代の流れを先読みし、発電所などの当社保有の資産を最適活用し、起こりうるリスクを抑えながら、利益の最大化を目指して電力取引を行うのです。
私はその中で、事業拡大に伴い必要となる『IT基盤や導入ロードマップの検討』、さらにロードマップ実現のために必要な業務改革などの検討を推進しています。例えば、リスク管理にはリスク量(最大想定損益)の計算が不可欠ですが、その高度な計算を含めどの様なシステムが必要なのか、その構築にかかる予算はどれぐらいなのかなど、当社の事業発展に貢献するシステムならびに業務(仕事のやり方)までを考えるのが私の仕事です。具体的な将来像が見えにくい時代に今後の日本を予測し、戦略を構築する仕事はときに模索の連続となります。しかし、その模索の中に確かな道筋を見出したときは、何にも代えがたい喜びを感じることができます。

『ライフバル』のビジネスを支援する
大規模システムの開発にも参画

私にとって思い出深い仕事は当社のIT系グループ会社である『ティージー情報ネットワーク』に出向し、東京ガス社内システムの開発・拡充・維持管理プロジェクトに参加したことです。ちょうど当社の地域サービス拠点が『エネスタ』『エネフィット』から『ライフバル』へ変わるタイミングであり、それに伴い『ライフバル』のビジネスを支援する大規模システムの開発が必要となりました。一番忙しい時期はプログラミングを依頼していた中国・大連の企業にも打合せに行くなど、多忙を極めました。稼動の日に、共に苦楽を味わったメンバーとねぎらい合ったことが忘れられません。
東京ガスにとって電力事業は新規参入の事業分野であり、電力システムの改革が進んでいる今、事業拡大のビジネスチャンスは広がり続けています。一方、私が担当しているIT領域についても、いまやITなしでは業務の遂行はほぼ不可能であり、そのポジションは当社発展に不可欠な業務基盤として位置付けられています。現在、電力・その他事業は当社売り上げの約2割を占めるまでに成長してきました。
さらに2020年に向けては4分の1まで比率を拡大しようと計画しています。海外事業の拡大も同様に進めており、国内外において、ガス・電力販売を行う総合エネルギー企業へ進化していくことでしょう。あなたもこの可能性に満ちたフィールドで、未来のエネルギーのあり方を考えてみませんか。
必要な資質やスキルは? 世の中のエネルギー供給を支えているという使命感と企業としての収益を上げる、その意識をバランスよく保てる方が向いているかと思います。スキルは、仕事をしながら身に付けていけば十分だと思います。
合っている人はどんなタイプ? 社会的な使命感をしっかり持っている方が、向いていると思います。
入社前と後ではイメージのギャップはある? 自分自身は就職活動時に感じた当社イメージとその後のイメージでのギャップはありませんが、周囲から当社の社員が大人しいというイメージを持たれていることに意外性を感じました。実際はエネルギーあふれる方が、大勢いらっしゃいます。

学生へのメッセージ

就職活動は、世の中に存在するさまざまな企業の業務内容や雰囲気を知る数少ないチャンス。勉強との両立は大変だとは思いますが、ぜひ広い視野で積極的にさまざまな企業とコンタクトを取り、自分に合った仕事や企業と出会うために十分に研究してください。メディアから得た企業イメージではなく、自ら接触し、感じた企業イメージに基づき、後悔しない就職活動をしてほしいと思います。その中で、もし当社で働くことを望んでいただけたら幸いです。