「ガス事故ゼロ」に向けた設備保安業務を、多面的に支える専門サポーター。

プロフェッショナル職  パイプラインメンテナンス
JOB:職種・仕事を知る
TOP > JOB:職種・仕事を知る > 穴原 直樹
設備保安部 神奈川設備保安センター 技術支援グループ 穴原 直樹 2014年入社 未来科学部情報メディア学科
学生時代から環境問題に関心を持っており、インフラ事業を通して地球の環境保全に携わりたいとの考えから東京ガスに入社。神奈川設備保安センターにて、お客さまガス設備の保安業務を担う各チームを様々な形でバックアップする技術支援グループに所属し、他部署からの問い合わせ対応窓口や防災関連業務などを担当しています。

キャリア

2014年 設備保安部 神奈川設備保安センター 技術支援グループ

現場の最前線で働く
設備保安部隊をバックアップ。

神奈川設備保安センターでは、お客さまのガス設備の法定点検、取引用ガスメーター等の維持管理、ガス設備工事の施工管理、内管工事の設計など、お客さまのガス設備の保安に直接関わる業務を数多く担っています。私が所属している技術支援グループでは、センター内のパフォーマンス向上のため、業務の効率化を進めるとともに、企画立案や現場で発生したガス工事施工および維持管理における技術的な課題への対応、ガス事業法および関連法令に基づいた適切な支援など、様々な業務を行っています。
また、ガス事業法に基づき、経済産業省へ報告をする書類等の作成準備といった行政対応も行っています。その他にも、ガス漏れ等の緊急時には緊急保安部の「ガスライト24」が一次対応に当たり、ガス管の交換などアフターフォローが必要な場合には、具体的なご提案業務を引き継いで対応することもあります。

お客さまのご不明点を専門的に説明して、
不安解消のお手伝い。

私の仕事は、主に防災関連や維持管理などの業務を中心に、他部署からの問い合わせに対して随時バックアップしていくというもので、迅速かつスムーズな対応と幅広い専門知識が求められます。
法人のお客さまから「CO2の排出量を調べるために、設置しているボイラーのガス使用量を計量したいのだが、2つのメーターが違う値を示していて困惑している」というお問い合わせを受けた営業パーソンが、私のところに相談に来たことがありました。確認したところ、当社の取引用メーターとお客さまが取り付けられた管理用メーターと判明。すぐにメーカー等の関係者と連携を取りながら調べてみると、これらのメーターは、計量原理が全く異なることがわかりました。そこで営業パーソンと一緒にお客さまのもとにお伺いし、それぞれのメーターの計量原理や補正機能、器差などについてご説明して、お客さまの不安の原因についてご理解いただきました。お客さまから「よくわかりました。どうもありがとうございます!」と感謝のお言葉をいただいた時にはとても嬉しく、この仕事のやりがいを感じました。

保安分野での経験を活かして、
ガス設計業務に携わりたい

ガス事業法の改正や、電気・ガスの小売全面自由化といったように、近年のエネルギー業界を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。東京ガスでも今後は電力事業に新規参入していきますし、技術支援グループとしてのバックアップ内容も大きく変化していくと思われます。こうした流れの中で幅広い分野での専門性を高めながら、お客さまガス設備の保安確保のために努めていきたいと思います。
私は現在、お客さまが既に使用されているガス管の取り替えなどで設計業務も関わることがあるのですが、今取り組んでいる保安分野での経験を活かして、将来的にはガス設備の建設部門においてお客さまにさらなる価値をご提供できる技術者になることが長期的な目標です。

あなたの仕事を一言で表すと…

ガス使用の安心・安全を
お客さまにご提供する仕事
技術支援グループは、様々な技術的課題に対応し、安心かつ安全にガスをご使用いただくため、常にお客さまと同じ視点に立った業務遂行が求められています。また、ガス設備の法定点検や改善工事などを通じて、お客さまと実際に接する機会も多いため、お客さまに安心・安全をご提供しているのだという責務を肌で感じることも多くあります。
現場の最前線で活躍する社員を支援するためには、ガス事業法や消防法、建築基準法といった関連法規はもちろんのこと、東京ガスの社内基準、設計・施工・安全システムの知識など、幅広い専門性が求められます。大変だと感じることもありますが、すべては部署全体で一丸となって「ガス事故ゼロ」の実現を目指すため。お客さまの生活に安心・安全をご提供している自分の仕事に責任と誇りを感じますし、東京ガスとしてのお客さまからの信頼にもつながっていくと思います。

学生へのメッセージ

都市ガスは生活に欠かせない重要なインフラです。お客さま設備の維持管理を担保するため、常に責任感や当事者意識を持って業務にあたることが必要です。お客さまや社内関係者、関連企業様など、仕事をする上で関わる人も様々なので、コミュニケーション能力も必要となります。学生時代のうちからこういったことを意識して生活していると、社会人になってからもあらゆる場面で役に立つと思います。就職活動にあたっては、今後どのような仕事をしていきたいのか?としっかり自己分析をして、幅広い業界の企業を見て悔いのないように頑張ってください。
仕事は大変なこともありますが、プライベートとのメリハリをつけることがとても大切です。私も休日には、友人と一緒にドライブやツーリングを楽しむなど、アクティブに過ごしています。とても良いリフレッシュになりますよ!