ガス工事の設計を通して、お客さまの快適な暮らしを実現する。

プロフェッショナル職 ガス設備設計・施工管理
JOB:職種・仕事を知る
TOP > JOB:職種・仕事を知る > 富永 泰平
設備エンジニアリング事業部 首都圏東設備技術部 東部技術支援グループ 富永 泰平 2014年入社 医学工学総合研究部人間システム工学専攻
インフラに携わる仕事がしたいとの想いで就職活動をする中で、東日本大震災時に東京ガスが実施した緊急対応や社会的貢献に惹かれて入社。技術支援グループにて、お客さま設備内にガスを導入するための設計業務を担当。

キャリア

2014年 設備エンジニアリング事業部 首都圏東設備技術部 東部技術支援グループ

お客さまにガスを使っていただくための
設計業務を担当。

お客さまの敷地内において、ガス配管の設計やTES(東京ガスエコシステム)等の設計監理・技術支援を行うのが技術支援グループの業務です。
私はその中でも、ガス設計業務を担当しています。ガス設計業務は大きく二つのフェーズに分かれています。一つは「提案設計」で、ガス工事費用がどのくらいかかるかを算出して最適なガス設備をご提案します。もう一つは「実施設計」で、お客さまや工事関係者と打合せ、コストや意匠、維持管理も考慮して設計図面を作成します。東京ガスでは、お客さまの敷地内で年間約30万件の敷地内ガス工事を行っており、建物は戸建住宅やマンション、テナントビル、学校、工場等様々ですが、お客さまにガスを使っていただくにあたってのスタートラインを担っているのが私たちの仕事です。

様々な制約を乗り越えて、
実現可能な図面を作成。

上野にある東京国立博物館で、ガスを使った冷暖房システムを導入するための提案設計を担当した時のことです。打合せを進めていくうちに、道路に埋設された導管からガスを引き込むには圧力が足りないことがわかり、当初予定していた低圧供給ではなく、中圧供給に変更になりました。低圧は一般家庭で使用する圧力、中圧は低圧の約1000倍の圧力で多くは大規模な工場やビルで使われています。この変更に伴って、様々な調整が発生しました。中圧では、配管をネジではなく溶接で接続し、都市ガス警報器や緊急の際に建物の中央監視室から遠隔操作できる緊急ガス遮断弁も設置します。低圧に比べると中圧は設計時に遵守すべき法規則や基準が増え、複雑で難易度の高いものになります。提案設計とはいえ、実施が決まれば私が作成した図面をもとに工事が進んでいくことになるため、非常に重い責任を感じました。常に様々なケースを想定しながら、緊張感と責任感を持ってより正確な図面の作成を心がけています。

技術者として、
着実にキャリアを積んでいきたい。

ガス設計業務では、建物の構造や電気・水道等の他インフラとの兼ね合いから、図面上で設計した通りには施工できないというケースも少なくありません。様々なケースに柔軟に対応できるよう、まずは多くの経験を重ねて知識を増やしていきたいと思っています。そして将来的には、ガスだけではなく電気や水素等のエネルギーも取り入れながら街そのものを提供できるような技術者として活躍できるようキャリアを積んでいきたいと考えています。
所属部署には世代の近い社員が多く、新入社員も毎年配属されることから、和気あいあいと皆で一緒に成長していこうという雰囲気があります。私も入社2年目にして新入社員向けの技術研修の講師を任せていただいて、自分が新人だった時のことを思い出しながら、相手の立場に立った研修を考えるという機会がありました。こうした雰囲気の中で、これからも様々なことにチャレンジし、絶えず成長していきたいと思っています。

あなたの仕事を一言で表すと…

人と関わり、
想いを形にする仕事
お客さまからご依頼をいただくと、現場確認をしながら図面を作成し、ガス事業法や社内基準などを守りながら作業を進めていきます。お客さまをはじめ、営業パーソンや工事関係者等、そこに関わる人たちもたくさんいます。時間の制約がある中で、何度も打合せを通して調整や修正を重ねていく過程は大変ですが、自分が設計した図面が少しずつ現場で施工され、少しずつ形になっていくところを見るのは何とも言えない達成感があります。お客さまが快適な暮らしを実現するために、想いを形にしていくお手伝いをする。これは、この仕事ならではの醍醐味だと思います。

学生へのメッセージ

就職活動は自分の職業を決めるということだけではなく、自分について見つめ直す良い機会でもあります。自分にできることは何なのか、自分はどのように社会に貢献していきたいのかなど、たくさん悩んで後悔のない答えを見つけてください。自分なりの考えを持って取り組む姿勢は、社会人として仕事を始めてからも活きてくると思います。仕事は大変なこともたくさんありますが、大きなことを成し遂げた時の達成感もありますし、私は今とても充実した毎日を送っています。休日には同期や学生時代の友人と日帰り旅行に行ったり、長期休暇には海外旅行にも行くなど、オンとオフを切り替えてめいっぱい楽しんでいます!