HEMS(Home Energy Management System)の企画・開発を通じて、暮らしとエネルギーの新しい関係を創出

理系職 技術開発
JOB:職種・仕事を知る
TOP > JOB:職種・仕事を知る > 長谷川 昌美
スマエネ推進部 スマエネサービス開発グループ 長谷川 昌美 2010年入社 理工学部 電気・情報生命工学
「人々の安心・安全な暮らしを支えたい!」を軸に、企業選びをしていました。その中でも、大学時代の研究からエネルギー業界には特に興味がありました。さらに、説明会や面接を重ね、東京ガスの人にお会いするたびに「東京ガス」に入りたいという気持ちが強くなっていきました。また、ある分野に特化した働き方ではなく、幅広い仕事や働き方をしたいと考えており、東京ガスではそれが実現できそうだと考えました。

キャリア

2010年 商品開発部 IT新サービスグループ 2012年 商品開発部 スマートエネルギーハウス開発グループ
2011年 商品開発部 新価値開発グループ 2013年 スマエネ推進部 スマエネサービス開発グループ

エネルギーの“見える化”で、
省エネの意識・行動を醸成

東京ガスでは、家庭用のお客さま向けのICT(Information and Communication Technology)を使ったサービスの開発を推進しています。私は、その具体的な取り組みの一つである「HEMS(Home Energy Management System)」の企画・開発を行っています。HEMSとは、ICTを使って家庭内で使用したエネルギーを"見える化"して管理していただくシステムです。目に見えないエネルギーを見える化し、使用状況を振り返ってもらうことで、省エネに対する意識・行動を醸成することが目的です。
東日本大震災以降、節電などの家庭内におけるエネルギーマネジメントの重要性が高まり、東京ガスもHEMSに積極的に取り組んでいます。お客さまに継続的にエネルギーの使用管理をしていただくためにはどんなアイデアが有効か、それを探るのがHEMS開発のポイント。HEMSのタブレット端末向けのアプリや専用の表示装置の開発もその一つ。それらを実際にお客さまに使っていただき、アンケートやインタビューを行いながら、さらに改善・改良を重ねていきます。どのようなシーンでHEMSを使っているのか、どのような表示媒体(メディア)だと閲覧する機会が増えるのか、どのような表示内容があると楽しみながら使っていただけるのか…といったライフスタイルや嗜好性との関連性も含めて有効性を探ります。お客さまのライフスタイルや嗜好性はさまざまであり、その声を集約しながら、アイデアや仮説を具現化した機器やソフトをトライアル開発し、実際にお客さまに使っていただき、それを再び評価し、次のアクション、さらにはビジネスにつなげていく。その過程が私の業務の一番の面白さ。新しいモノ・コトを考えるので、ときには生みの苦しみも味わいますが、行き詰ったときほどお客さま目線に立ち返って考えることが大切だと思っています。

HEMSの企画・開発・評価を通じ
さらなる新しいビジネス創出を目指す

忘れられない経験は、入社2年目のときに担当したエネルギーの使用状況がわかる専用表示装置の開発です。HEMSは、お客さまに楽しみながら継続的に使っていただけることが重要。そのために"ヒトが意識をしなくても目や耳に自然に情報が入ってくるものが効果的なのではないか"という仮説を立て、その検証のためにLEDの光や音声でエネルギー使用状況がわかる専用の表示装置を開発し、お客さまに使っていただきました。使用エネルギーが目標設定値を超えると、LEDと音声で使い過ぎをお知らせし、目標設定内に収まると「昨日は目標値達成しました」という音声で報告します。この表示装置について、2014年度には初めてお客さまへのインタビューも実施し、使い方や使用感などの具体的なお話を聞くことができました。お客さまの声の中には、"目標値達成の声を聞くのを日課にしている"といううれしい評価もありました。現在、一連のプロセスで得た知見をもとに、この専用表示装置のコンセプトをどのようなビジネスにつなげていくかを考えているところです。
このHEMSをはじめとする新しいビジネス創出のベースとなる発想や技術開発に、入社して間もない段階から携われることが、東京ガスで働く魅力の一つであり、私自身にとっても貴重な経験となっています。私はガスのみならず、あらゆる事業分野に挑戦している姿勢に魅力を感じて東京ガスの一員になりました。その意味でも、ガスや電気を含めたエネルギー全般のマネジメントを担うHEMSの推進に大きなやりがいを感じています。
必要な資質やスキルは? 入社前に必要なスキルは、特別ないと思います。入社してからいろいろなことを積極的に吸収する姿勢があれば、問題ありません。また、仕事は1人では成し得ないので、周囲の人と協調できることが大切だと思います。
合っている人はどんなタイプ? 東京ガスはインフラ企業として変わらない部分と、エネルギー業界の変化に合わせて変わっていく部分の両面があるように感じています。強い責任感・使命感を持ち、変化には柔軟に、新しいことにも積極的に挑戦していける人が合っているのではないかと思います。
入社前と後ではイメージのギャップはある? 入社前にも感じていたことではありますが、温かく前向きな人が多いとあらためて実感しています。業務に関しても大きなギャップはありませんでしたが、若いうちからさまざまなことを経験させてもらえることは想像以上でした。

学生へのメッセージ

就職活動はこれまでの自分を振り返り、これからの自分を考える機会になります。また、数多くの会社に触れることができる良い機会にもなります。悩みや不安もあると思いますが、いろいろな会社を見て、たくさんの人と話をすることで、一つひとつクリアにしていけばいいと思います。悔いのないように楽しみながら、頑張ってください!