Questionnaire

Q 東京ガスに応募した理由は?

エネルギー業界の最先端の仕事ができ、世の中に影響を与えることができると考えたから。社会インフラを支える企業でありながら、常に挑戦者である姿勢に共感できたから。

天然ガスという今後の日本、そして世界を支えるエネルギー源を扱い、日本の生活をエネルギーという側面から支える役割を担える会社で働きたいと思ったから。

電気電子工学専攻なので、将来は電力関係の仕事にも携わりたいと考えていた。東京ガスが、ガスだけではなく電力など他のエネルギーも扱っているということを知り、非常に興味を持った。

ガスというライフラインを扱う仕事に携わり、社会に貢献していきたいと思いました。

多くの女性が長く仕事を続けているという女性の働きやすさに憧れ、私もその一員になりたいと強く思いました。

知人から「いい会社だよ」と教えてもらったことがきっかけでホームページを見てみたら、仕事内容が多岐にわたり、どれもすごくおもしろそうだったため。

Q 東京ガスに応募した理由は?

緊急保安業務で活躍している方の話を伺う機会があり、仕事に対する情熱や団結力を強く感じて惹かれたから。

現場見学会に参加して社員の様子を見ることで、自分の技術を伸ばして活躍していける環境があると思ったからです。

「日本のためになる仕事をしている」と自信を持って言えること。
仕事にはっきりとした意義を感じられることは、長く働く上で重要な要素だと思った。

会った全ての社員が、しっかりとした信念や仕事に対する責任感を持っていました。
そして何より優しく誠実で、こんな方々と一緒に働きたいと思いました!

ガス・電力業界の研究を行ってきた中で、東京ガスは国内・国外双方にて成長していくことができる企業だと感じた。

首都圏を中心とした電力事業を始め、北関東や千葉への産業用営業部門の推進、また世界での開発部門や技術コンサルティング等、幅広い領域で挑戦的な仕事ができると考え志望した。

多くの女性社員の方が活躍されていることを知り、性別に関係なく活躍できると感じたから。

社会を引っ張っていこうという意志が強く、それを先輩社員が共通認識として持っていたこと。

エネルギー自由化という変化に対し、お会いしたすべての社員の方が前向きに捉え、「戦う気持ち」を持たれていたことに強く惹かれました。

既存のエネルギー事業が長い歴史と信頼を持っており、これらをベースにして面白い仕事が今後期待できそうだと考えたため。

Q 就職活動中の学生に向けてのアドバイスは?

たくさんの企業の社員に会って話を聞いた方が良いと思います。
ホームページや資料だけではわからない情報を収集できますし、業界の特徴や企業の強み弱みなど、自分だけの見方が出来るようになります。

自分のいいところに自信を持って頑張ってください!

社会や人々の生活を支えたい!
エネルギー業界で働きたい!!と思っている方は是非一緒に働きましょう!

自分の持っている学問領域に縛られず、ゼロベースで何をしたいかを考えてほしいです。
特に理系の場合は推薦などもあり、企業への入りやすさを第一に考えてしまいがちですが、非常にもったいない。様々な人と意見交換しながら、自分なりの価値観を作り上げていってください。

何かを偽ったり、背伸びして就職活動を行う必要はないと思います。本当の自分をしっかりと分析し、やりたいことを明確にして、面接ではそれを素直に伝えればよいと思います。
ありのままの自分でいるのが、成功の近道だと思います。

戻る