一貫してガスの「安定製造」「安定供給」に貢献。

春まではLNG基地でエネルギー製造に携わり、
現在は供給指令室で首都圏一円の導管網の管理を担当。
入社以来一貫して、東京ガスの「安定供給」を守りながら、
中堅エンジニアへと成長してきました。

導管ネットワーク本部 防災・供給部 供給指令室 伊藤 真璃子

interview

防災・供給部の仕事

東京ガスは現在4つのLNG基地から導管を利用して、都市ガスを首都圏の1,100万件ものお客さまへ輸送しています。導管ネットワーク本部 防災・供給部には災害時の防災と日常の供給を担う部署があり、導管網のガス輸送をコントロールするのが供給指令室です。例えば、導管設備工事などが輸送に支障がないかの検討、事故時のシミュレーションや社員向け防災訓練、ガス供給量が増える冬を迎える前に最大輸送量の予測を立て、シミュレーションなどを行い緻密なリスク管理をしています。大きなプロジェクトチームのような組織で誰もが自身の役割を通じ、お客さまの信頼のベースとなる日々の「安定供給」と安全管理を最大のミッションとしています。

防災・供給部の仕事

学生へのメッセージ

学生へのメッセージ

農学部出身で直接活かせる技術系の知識はなかったのですが、入社時の配属先は意外にも生産本部。以来、異動する先々で女性1名という環境のなか、「私の評価が女性社員の評価につながる」と意識し、その後増えてきた技術系女性社員の道を作ってきたと自負しています。男女問わず成長のチャンスが与えられ、キャリアを磨いていけるのが東京ガスの魅力。技術系は女性同士の結束も固く、今は部署が違っても良い仲間に恵まれています。

上司のコメント  綿引 大作 [ 防災・供給部 供給指令室 ]

上司のコメント

これまでガス製造部門で経験を積んできた伊藤さんですが、本年度からガス輸送部門である供給指令室で新たな業務をスタートしました。供給指令室は、LNG基地等から受け入れるガス量やガス品質を監視するほか、ガスを輸送する導管ネットワークの圧力を24時間365日監視・制御し、お客さまにお届けするガスの安定的な輸送を司る指令塔です。伊藤さんは、日々行われる導管工事の検討や受入ガスの品質管理、導管網解析システムの開発・維持管理業務などを担当し、安定供給に幅広く貢献して頂いています。これまで培った人とのつながり・知識・経験を柔軟に活用して業務を進める所や、客観的な視点で現行業務の課題を捉え積極的に改善に繋げる行動に移すなど、伊藤さんの前向きでパワフルな行動力に今後も期待しています。